最終審査会観覧のお申し込み

What's New

入選作品発表!

1次審査の結果、以下16作品の入選が決定いたしました!

2016年も小学生から大学生まで幅広い年齢層で入選する中、
最高賞である経済産業大臣賞を受賞するのはどの作品か?

10月2日(日)最終審査会(秋葉原UDX GALLERY NEXT)で全てが決まります!
2016年、最終審査会の全貌はニコ生放送でお届けします。
視聴者が選ぶBest Viewers賞も!あなたも是非投票を!!

ニコニコ動画

※最終審査会場来訪による一般観覧はこちらよりお申込ください。

受付ID、ジャンル、作品名、制作者氏名(またはチーム名)、学校名を掲載しています。

G037ゲーム
Transmission
定時退社(新潟コンピュータ専門学校)
G039ゲーム
MAGEL CREEK
トン吉(新潟コンピュータ専門学校)
G058その他
直感的操作!VR リモートパイロット
CUE(中京大学)
G061ゲーム
OILMAN
OilShock(新潟コンピュータ専門学校)
G075ユーティリティ
Mealie -ミライ-
st@ck(徳山工業高等専門学校)
G119ゲーム
Project Stinger
藤原重工(ECCコンピュータ専門学校)
G140コミュニケーション
KabeCom
数理科学部開発部門(関西学院高等部)
P014ゲーム
DustShoot
中谷 一貴(トライデントコンピュータ専門学校)
P023学習&教育
岸コレナビ
北村 嘉基(大阪府立岸和田高等学校)
P036ユーティリティ
Worknote - Organize your Brain
二ノ方 理仁(東京学芸大学附属竹早小学校)
P039その他
momeri
竹内 貴紀(香川県立丸亀高等学校)
P040学習&教育
ついまな
酒井 英伸(名古屋大学)
P054IoT
WARos
斎藤 鴻(HAL東京)
P075IoT
ドアログ
石川 嵩純(トライデントコンピュータ専門学校)
P078ユーティリティ
わたしのお薬
青山 柊太朗(ぐんま国際アカデミー中等部)
P081ユーティリティ
Procyon
大渕 雄生(開成高等学校)

※受付ID順、敬称略

コンテスト概要

開催スケジュール

参加資格
日本国内に居住する西暦1994年4月2日以降に生まれた方。
※チーム参加の場合、メンバーの参加資格は原則上記の通りです。
但し、同じ学校に所属する学生であれば、23歳以上(西暦1994年4月1日以前に生まれた方)のメンバーもご参加いただけます。
募集内容
未発表または2015年9月1日以降に発表したオリジナル作品であること。
(作品の受賞歴や発表してから更新履歴がある場合は、審査の参考とさせていただきます。Webサービス、モバイルアプリケーション等作品の形態は問いません。)
ジャンル・プログラミング言語
特に問いません。
最終審査会
2016年10月2日(日)11:50~18:00(予定)
秋葉原UDX GALLERY NEXT-1 一般聴講可能

最終審査会はどなた様でもご観覧いただけます。
この機会に是非、若き才能たちの力作をご覧ください。

※昨年の様子はこちら
 
最終審査会の模様はニコニコ公式生放送で配信します!
以下リンクより視聴可能です。
ニコニコ動画

タイムスケジュール(予定)

11:50
実行委員長挨拶
青野 慶久
U-22プログラミング・コンテスト2016 実行委員長
サイボウズ株式会社 代表取締役社長
11:55
審査員紹介
12:00
16作品審査(途中複数回休憩を挟みます)
16:45
特別講演「奇人の勧め」
講演者 竹内 郁雄 氏
東京大学 名誉教授
未踏事業 統括PM/一般社団法人未踏 代表理事
概 要 変わったことをめでる、人と違ったことをしたがる「奇人」は、イノベーションのための重要な資質かもしれません。普段から小さな発見、小さな発明を繰り返すことのできる「奇人」を目指しませんか?というお勧めをいくつかの事例で面白おかしく紹介します。
17:15
IPA未踏事業説明
小池 雅行 氏
IPA IT人材育成本部 イノベーション人材センター長
17:30
結果発表
17:55
総評
筧 捷彦
U-22プログラミング・コンテスト2016 審査委員長
早稲田大学 名誉教授
18:00
終了

※開発環境として、クラウド開発環境を期間限定で無償提供しています。

Copyright © U-22プログラミング・コンテスト運営事務局. All Rights Reserved.